おかもとこどもおとな歯科

    • 028-612-3901

    【診療時間】9:00~12:30 / 14:00~18:00【休診日】水・日・祝

Orthodontics

矯正歯科

審美性と機能性を考えた矯正歯科

矯正歯科では歯列の乱れ・咬み合わせを正していきます。
矯正治療を行うことで、むし歯・歯周病の予防や、歯の寿命を延ばす、また、全身の健康を左右するなど、単に歯並びを良くするだけではないさまざまなメリットがあります。興味のある方は、まずはお気軽にご相談ください。

こんな歯並びでお悩みではありませんか?

歯並びの状態により矯正方法が異なります。あなたはどんな歯並びでお悩みですか?

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯)は、歯と歯の間に隙間がある状態です。顎が大きかったり、歯のサイズが小さかったりする場合は注意が必要です。前歯のすきっ歯(正中離開)があると、見た目が気になる患者さんもいらっしゃいます。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)は、下の前歯に比べて上の前歯が極端に前に出ています。指しゃぶりや舌で前歯を押す癖などが原因の多くである一方、症例のなかには遺伝によるケースもあります。

反対咬合(受け口)

反対咬合(受け口)は、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態です。顎の成長のアンバランスや歯の生える向きの異常、口呼吸などにより引き起こされます。

叢生(乱ぐい歯)

歯が生え揃うスペースが足りず、でこぼこに生えてしまっています。歯並びが悪く、歯ブラシの毛先が届かずに磨き残しが増え、むし歯や歯周病のリスクが高まります。噛み合わせのバランスも崩れやすく、顎に負担がかかりやすい状態です。

開咬

上下の前歯が重なり合わずに、隙間が生まれている状態です。口を閉じにくく、ぽかんと口が開きがちになります。前歯で食べ物を噛み切りにくいので、奥歯でばかり噛むようになるため、負担を軽減するには早期治療が大切です。

交叉咬合

上下どちらか一方の歯が横にずれている噛み合わせです。指しゃぶりや口呼吸、頬杖などの口腔習癖があると、発症する可能性があります。下顎が曲がって成長するなど、正常な発育を望めない可能性があります。

当院の矯正治療の特徴

一般歯科との連携

矯正治療中、一般歯科と連携することでむし歯など歯やお口のトラブルの治療がスムーズに行うことが出来ます。矯正治療のトラブルも随時対応しています。

目立ちにくい

当院では、前歯にはガラスの透明感をもつ新しい技術であるクリアブラケット(エスタ)など、目立ちにくい装置を使用しています。

痛みが少ない

治療初期より、弱い持続的な力で歯を動かしなるべく痛みの少ない治療を提案しています。

矯正方法の種類

ワイヤー矯正

マウスピース矯正

部分矯正

目立たない矯正「インビザライン」

インビザラインは透明素材のマウスピースで目立つことがなく、ご自身で着脱が出来る取り外しが出来る矯正装置です。その為、矯正治療中でも人に気づかれることがなく、見た目を気にせず治療が可能です。
歯面に固定するタイプの矯正装置では、ワイヤーに絡みつきやすい食べ物や硬い食べ物を食べると装置が壊れたり外れたりすることがあるので注意が必要ですが、インビザラインなら食事中は外せるので、食材を選ばずに何でも好きなものが食べれます。治療の流れとして、まずはじめに問診を行い、歯型を採取します。歯型を基に、患者様専用のマウスピースを作成します。
1日決まった時間でマウスピースを装着し、定期的な経過観察を行っていきます。

月に1回、矯正専門医が診療を行います

当院では、毎月第4土曜日に、矯正歯科専門医による歯列矯正治療を行っております。
矯正の開始時期に決まりはありません。矯正は何歳になっても可能です。矯正治療相談は、無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。歯並びや顎の状態から検査し、一人ひとり治療計画を立てていきます。
(※変更になることがございますので、ご相談前には必ずお電話でのご予約をお願いいたします)

ページトップへ戻る